Ample Sound 社製品でエラーが出たときの対処法


はじめに

昨年の暮れのセールにて導入したAmple Sound 製品ですが、インストール時に音が出ない症状が出たので、備忘録を兼ねて対処方を書いておきます。

Error codes: 7; 14; Loading samples failed. Plug-in will not make sound. Please set instrument path in Settings if you have moves samples folder into another place. If your instrument path is correctly set but still have this error, please contact service mail.

↑のメッセージが出た時の対処方です。サンプルがロード出来ないから、サンプルが入っているフォルダーを移動していたら指定し直してね。

といった感じの内容ですね。

具体的な状態は・・・

通常は「Settings」⇒「Instrument Path」にて、サンプルの入っているフォルダーを指定し直せば解決するのですが、何故か全く反応しませんでした。

再ダウンロード、インストールし直しも2回程試しましたが改善なし・・・。

DAW上で開いてもスタンドアロンで開いても同じ状態でした。

解決策その1

私はwindowsを使っていて、通常DAWはuserアカウントにてログインして使っているのですが、試しにDAW(又はスタンドアロン)を右クリックして「管理者として実行」で開くを無事に音が出るようになりました。

ただ、その場合DAWの設定とかプラグインのプリセットとかが、使えなくなってしまうので、どうにかuserアカウントのままで使用する方法を探す必要がありました。

ちなみに使っているuserアカウントにadmin権限を付加してもダメでした。

解決策その2

KVRのAmple Sound関連のスレを幾つか見ている内に、どうやらAmple Sound製品はデフォルトの状態でadmin権限のあるアカウントでないと、不具合が出る事があるっぽいっていう所まで判ったのですが、そこからどうしたらいいか判らなくなりました。

と思っていた所、ダウンロードしたインストーラーが一緒に入っているフォルダーの中に「non-admin_Fix.exe」というパッチを発見。これを使用したら無事使えるようになりました。

一度インストールし終わってから、再度インストーラーの入ったフォルダを見直さなかったので見落としていました・・・(笑)

アクティベートについて

アクティベートについても追記しておきます。Ample Sound製品はwindowsでログインするアカウント毎にアクティベートが必要になるようです。(他社の製品でもたまにありますが。)

アクティベートの回数は最初2回、半年後とに1回づつ増えていくという変わったシステムになっているようです。なので、複数のPCでアクティベートする時は注意が必要です。

AGMLとABPLのnon-adminパッチについて

体験版のAmple Gutar M Lite と Ample Bass P Lite に関しては、以前私がダウンロードした時には「non-admin_fix.exe」が入っていなかったので、それの入手場所を書いておきます。

http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=245&t=437633

KVR(英語)のスレですが、真ん中より少し下あたりにある

Jie Chen[Ample Sound]

For AGML and ABPL, please download and run below patches to fix. Installers of next version will include them.

の投稿の真下にダウンロードリンクが貼られているので、それをインストールすれば直りました。

ちなみに私は良くわかりませんが、「sudo chmod 777」のコマンドで修正する方法も書いてあるっぽいです。

インストーラーの入ったフォルダーをちゃんと全部見ていなかったというのもありますが、admin以外のアカウントで使用する時に、別個「non-admin」のパッチをインストールしないといけないとは思わなかったので、ハマってしまいました。

同じ症状で解決策を探している人もいるかもしれないので、一応記事にしておきます(笑)

おしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする